温度センサ

サーミスタ

サーミスタ

サーミスタ(Thermistor)は、Thermally Sensitive Resistor(熱に敏感な抵抗体)の総称です。温度が上がると抵抗値が下がる、 負の温度係数を有するものをNTCサーミスタ(Negative Temperature Coefficient Thermistor)と言います。NTCサーミスタは金属酸化物を主原料とし高温で焼結されたセラミックス半導体で、その製造方法、構造によって多種多様な形状、特性があり、様々な機器の温度センサとして幅広く利用されています。
SEMITECホームページ掲載のサーミスタは全種類RoHS対応しています。

サーミスタセンサ

サーミスタセンサ

高精度、高信頼性サーミスタ素子を用途別に最適な形状に加工した温度センサです。SEMITECではお客様のご要望に応じて、 カスタムでセンサに加工して供給させていただいております。
サーミスタセンサ(アッセンブリ品)のRoHS対応についてはお問い合わせください。

光センサ

NCセンサ

NCセンサ

NCセンサはSEMITEC独自の赤外線検出構造で、今まで赤外線センサが使えなかった悪環境にも対応可能な新しいタイプの非接触温度センサです。
高精度の2つのサーミスタで構成されており、1つのサーミスタは物体から放射される赤外線を検知します。
もう1つのサーミスタは温度補償用として周囲温度を測定します。
この2つのサーミスタの出力を演算することにより被測定体の温度を知ることが出来ます。
SEMITECのNCセンサはRoHS対応しています。

サーモパイル

サーモパイル

サーモパイル(Thermopile)は熱電対の原理を応用した赤外線センサです。 半導体プロセスを利用した独自のシリコンマイクロマシニング技術を駆使することで、高出力、高速応答、低価格化を実現しました。
また、非接触温度測定に欠かせない温度補償用センサには、超高精度サーミスタを採用、より正確な温度測定を可能にしました。
SEMITECのサーモパイルはRoHS対応しています。

半導体デバイス

サージアブソーバ / ゼナミック

サージアブソーバ / ゼナミック

ゼナミックは、金属酸化物バリスタに対するSEMITECの商標名です。ゼナミックは非直線指数が大きく、近似的に定電圧特性ともいえる良好なバリスタ特性を示し、大電流領域まで使用できます。サージアブソーバとして大変理想的です。
この製品は、ZnO(酸化亜鉛)を主原料に添加物を加えた粉体を成型し、1,200~1,400℃で焼結したセラミック体です。
SEMITECのゼナミックはRoHS対応しています。

面実装型VRD

面実装型VRD

シリコンサージアブソーバVRDは、立ち上がりの急峻なサージ電圧を吸収する為に開発されたサージアブソーバです。
VRDは、シリコン接合のアバランシェ効果によりサージに対し応答性が非常に速く、その制御電圧は、ほとんど電流に依存することなくシャープであることなど、従来のサージアブソーバの抱えていた問題点を解決した、高性能高信頼性デバイスです。
SEMITECのVRDはRoHS対応しています。

定電流ダイオード / CRD

定電流ダイオード / CRD

定電流ダイオード(以下 CRD : Current Regulative Diode)は、 その名前が示すように電圧が変動しても一定の電流が供給可能なダイオードです。
1V以下の低電圧から100Vの高電圧までの広い電圧範囲で常に一定の電流を流すことが出来る部品です。
加える電圧の変動、負荷抵抗の変化、リップル電圧に係ることなく負荷に一定の電流を供給が出来ます。
一般に定電流回路は構成が複雑で複数の部品が必要です。
また、設計も簡単ではありませんが、CRDは、たった1個の部品で定電流特性が簡単に実現可能です。
SEMITECのCRDはRoHS対応しています。

パワーサーミスタ

パワーサーミスタ

パワーサーミスタは、NTCサーミスタ(Negative Temperature Coefficient Thermistor)の、 通電による自己発熱により温度が上昇する事で急激に抵抗値が減少する特性を応用した製品です。
製造コストの低減に成功し従来のパワーサーミスタに比べ廉価です。
SEMITECのパワーサーミスタはRoHS対応しています。