製品選定:定電流ダイオード/CRD

LEDの輝度安定用として定電流ダイオード(CRD)を使用する場合の一般的な選定方法を紹介します。

CRDの選び方

図1 LED輝度安定用の回路例

回路図

 

①CRDは、接続するLEDが流すことのできる電流値に合ったピンチオフ電流(Ip)のCRDを選出

②LED点灯時のCRD両端電圧VCRDが、以下を満足するCRDを選出

CRDの肩特性Vk< VCRD < 最高使用電圧Vmax

例として、図1の回路例、以下部品条件でVCRDを計算してみます。

LED順方向電圧(Vf)3V、DC電源9V、CRD S-183T(Vk 4.6V、Vmax 40V)

CRD = DC電源電圧-LED順方向電圧 = 9V-3V = 6V と計算され、
k 4.6V < VCRD 6V < Vmax 40V
となり、CRD両端電圧は、②を満足している計算となりました。

当社CRDカタログより、上記①と②の条件を満足するCRDを選んでください。

また、CRD使用上の注意事項として以下を合わせてご参照頂き、実際にCRDを使用される場合には、実機にて評価、確認の上ご使用ください。

  • ・CRDは極性がありますので接続方向にご注意ください。
     CRDの逆方向は整流ダイオードの順方向に相当しますが許容電流は50mAとなります。
  • ・CRDの端子間電圧が最高使用電圧を超えない範囲でご使用ください。
     使用電圧が不足する場合はCRDを直列使用で印加電圧を拡大する方法がございます。
  • ・CRDに印加される電力が定格電力を超えない範囲でご使用ください。
     定格電力は周囲温度によりディレーティングしてご使用ください。