製品選定:パワーサーミスタ

スイッチング電源などの全波整流回路用途にパワーサーミスタを使用する場合の選定方法を紹介します。

パワーサーミスタの選び方

1.パワーサーミスタを使用する回路条件

以下条件を用いて選定を行います
Ta max :回路の周囲温度の最高値  ______℃
IL    :回路の負荷電流      ______A
     (パワーサーミスタに流れる電流値)
VAC rms :電源電圧の最大値     ______V
IP   :突入電流の許容値      ______A
CX   :平滑コンデンサ容量    ______μF

2.パワーサーミスタの選定方法

・抵抗値の選出
条件① 25℃に換算したときの抵抗値 RX を求める

P :VAC rmsのピーク値 = VAC rms × √2 =____V
Tm :Ta maxのときの抵抗値 ____Ω
   (※抵抗値は表1の抵抗温度特性表をご参照ください)

Tmを25℃に換算した抵抗値RXを計算する
X = 1/RTm × (VP/IP) =____Ω
公称ゼロ負荷抵抗値 R25≧RX となるパワーサーミスタを選出

・形状の選出
条件② 25℃に換算したときの電流値 IX を求める

I :温度Ta maxでの許容電流軽減係数 ____
(※各温度の許容電流軽減係数はグラフ1をご参照ください)
25℃に換算したときの電流値IXを計算する
X = IL / KI =____A
最大電流 I≧IX となるパワーサーミスタを選出

条件③ AC100Vに換算したときのコンデンサ容量 CX AC100V を求める

X AC100V:CXをAC 100Vに換算したコンデンサ容量

X AC100V = CX × (VAC rms × √2)2 / (100 × √2)2 =____μF
AC100V時の許容コンデンサ容量 C≧CX AC100V となるパワーサーミスタを選出

当社パワーサーミスタカタログの特性定格表より
条件 ①、②、③ を全て満足するパワーサーミスタを選んでください。

本選定方法は、電気的特性の代表的な値を使用して行っております。
実際にパワーサーミスタを使用される場合には、実機にて評価、確認の上ご使用ください。

表1 抵抗温度特性表

温度 Ta max 抵抗値RTm
(℃) (Ω)
25 1.0000
30 0.8471
40 0.6176
50 0.4591
60 0.3475
70 0.2673
80 0.2087
85 0.1853
90 0.1651
100 0.1323
120 0.0879
140 0.0608
160 0.0402
180 0.0320
200 0.0242

グラフ1 許容電流軽減曲線

グラフ

パワーサーミスタの使用温度範囲により曲線が異なります。
初回選定時は、赤線から許容電流軽減係数を読み取り、選定してください。