Surge absorberサージアブソーバ(ゼナミック)

1. バリスタ電圧

バリスタ特性を表す電圧。基準電流D.C1mA(Z5DのみD.C0.1mA)を通電したときの端子間電圧値。事実上のブレークダウン電圧値と考えてよい。

2. 最大許容回路電圧

バリスタに連続的に印加できる電圧の最大値。
A.Cは実効値、D.Cは平滑直流電圧を示します。

3. 最大制限電圧

定格に規定する8/20μsの標準波形インパルス電流を印加したときの、端子間電圧の最大値。

4. 最大平均パルス電力

ザージを繰り返し印加したときの平均消費電力の許容値。

5. エネルギー耐量

2msの方形波を1回印加したときバリスタ電圧の変化率が、初期値の±10%以内にとどまる最大エネルギー量。

6. サージ電流耐量

定格に規定する8/20μsの標準波形インパルス電流を5分間隔で2回印加したとき、バリスタ電圧の変化率が初期値の±10%以内にとどまる最大電流値。

7. 静電容量

測定周波数1kHz(100pF以下は1MHz)、バイアス0Vのときの参考値。

7. 静電容量