Surge absorberサージアブソーバ(VRD)

1. 定格電圧:VS(V)

直流電圧を連続して印加できる電圧の上限値。

2. ブレークダウン電圧:VB(V)

VRDの特性を表す電圧で、基準電流Itを流した時の端子間電圧。

3. 制限電圧:VC(V)

極めて大きなインパルス電流が流れた時、VRDで制御できる電圧のことで、波高値がX(A)の電流を流した時の端子間電圧。

4. 最大制限電圧:VC max(V)

制限電圧の最大値のことで、標準サージ波形8/20μs、10/1000μsで、波高値が最大許容電流Ipp(A)を流した時の端子間電圧の最大値。

5. 最大許容電流:Ipp(A)

VRDが処理し得るパルス電流の最大値。

6. 漏れ電流:IL(μA)

直流の定格電圧を印加したときにVRDに流れる電流の値。