くらし・生活・情報

美顔器の狭い空間への薄型、小型サーミスタ

製品の課題

以前はあまり聞き慣れていなかった美容家電(脱毛器、美顔スチーマー、目元ケア、美顔器等)も今では量販店で当たり前のように見かけるようになりました。家庭用に普及が進み、さらに便利に利用が出来る様にポータブルで多機能な美容家電が近年急速に増えてきています。
美容家電は、直接肌に触れた時に冷たいといった不快感の緩和、美容液を効果的に浸透させる目的でヒーターが使用される場合が多くあります。女性の顔などデリケートな肌に直接触れることから、温度センサで異常発熱を監視する必要がありました。
しかし機器の限られた狭い空間に温度センサを取り付けるスペースを確保することが課題でした。

課題解決への取組み

美容家電では、人肌と接触する面と、ヒーターや他部品の隙間にサーミスタを設置しなければなりません。手で持って使う機器のため、小型軽量であることも求められますので、僅かなスペースに取り付け可能な大きさ、薄さが重要となります。
SEMITECには、独自技術で薄型化や小型化に適した素子が豊富にあります。
例えば、厚み0.5㎜の薄型フィルム形状のJTサーミスタや、先端がΦ1.4maxと小型のET-3Hサーミスタなど。
これらの製品をご提案することで、美容家電の筐体やヒーターの形状を変更せずにサーミスタを取り付けることが出来ました。
製品の安全性を確保した上で、肌の不快感の緩和、美容液浸透の向上というセットメーカー様の要求をクリアし、最終ユーザー様の期待にもお応えすることができたのです。