アグリセンサ開発試験場

SEMITECで開発するセンサ(温度、土壌、含水率等)を測定評価するために、
ワールドテクノロジーセンターに隣接して実地試験場を整備しました。

目的

ハウス内部の実環境にて開発したセンサを試験運用し、データをWi-Fi通信※でクラウドへ送信するIoTシステムとしています。電源は脱炭素を意識し太陽電池を採用し、サステナブルなシステムにて試験を進め、新たな製品開発に生かしています。

※Wi-Fi通信のモジュール設計もしております

ハウス外観

ハウス内部の様子

内部

ハウスの内部は、食用野菜(ナスやキュウリなど)を栽培し、実環境におけるセンサ稼働状態をデータとして継続的に取得し、センサ開発に活用しております。すでに開発済の製品も投入し、耐久性や改良検討などに取り組んでいます。

IoTを利用した試験結果のデータベース化

画面

上記画面は、ハウス内部の試験データをクラウドからPC上で可視化しております。こうしてさまざまな開発品のデータを収集し解析が行えます。

このようにデータを活用することで、総合的なセンサ開発を進めており、ご要望の用途や環境に合わせたセンサを開発しご提案できる体制を取っておりますので、弊社へのご連絡をお待ちしております。

テクノロジー